あなたはフィリピン不動産=ハイリスクだと思っていませんか?

はい、事実ハイリスクです。

なぜなら、「買った物件が完成しない」「高くなると言われて買ったのに安くなった」「現地の業者に騙されて、実際よりも安い金額で売らされてしまった」などのトラブルに日本人が巻き込まれることも多い国です。

しかし、このリスクを、マネージメント、つまり管理出来るとしたらどうでしょう。

このトラブルは、フィリピンという国が未だ「未整備、未成熟」だから起こるのです。しかし、そのリスクを理解し回避することが出来れば、「未整備、未成熟」故に、大きなリターンを得られるのです。

たとえば、
「東京の中心に新築高級マンションを頭金たった100万円で購入することができたら・・・」

不動産投資をする人のすべてが、「良い物件を安く買いたい!」「安く買って、高く売りたい!」と思っています。
但し、残念ながらこのような条件で投資をすることは、今の日本では恐らく永遠に叶いません。

しかし、それが「フィリピン」だったらどうでしょう?

多くの日本人がまだ「未成熟な国」というイメージを持っているフィリピンですが、実は今、フィリピンの首都マニラのビジネスエリアには、世界中から多くのビジネスマンが押し寄せています。最新の高層ビルが立ち並び、その街並みは東京よりも美しいと言われているほどです。

そんなマニラの中でも、さらに一等地、マカティ地区は「フィリピンのウォール街」と呼ばれています。実は今ならまだ、このマカティ地区に30平米の新築高級マンションが、驚くことに頭金たったの100万円以下の価格で購入できるのです。

高層ビルが立ち並び、美しい近未来都市に変わりつつある、マニラ中心部の様子

こんにちは。
セブンシーズ・プロパティーズ・コープ代表の西村です。

今、日本の未来は明るいものとは言えません。

国は、GDPの2倍を超える借金を抱え、少子高齢化により生産人口が減り、非生産人口は増すばかりです。収入は増えないのに、社会保障や税金の負担が増えることは避けられません。

しかし、日本には明るい未来が見えなくても、海外に目を向ければ、そこにはまだ魅力的なマーケットがあることに気づくはずです。

日本にも急成長した時代があったように、今アジアの国々がその時代を迎えようとしています。そして、その中でも今、一番成長が期待されているのが「フィリピン」なのです。

私自身が、元々ただのサラリーマンであり、財産もなく、家柄も良くない、学歴も平凡という状態から、海外の投資スキームを学び、安全かつ高利回りで運用を行ったことで、大きな財産を築くことができました。

その経験から、「資金や時間を十分に持っていない人」でも、経済的豊かさを手にいれる方法をご紹介できると自負しています。

フィリピン不動産への投資については、言葉や風習が違う海外という事もあり、不安を感じる方も多いと思います。

しかし、フィリピンの不動産こそ、知れば知るほど初心者におススメできる非常に堅実な投資と言えるでしょう。

法政大学法学部卒。大手住宅メーカーにセールスマンとして入社。24歳(1988年)の時にトップセールスマンになり、26歳(2000年)まで在籍。退職後、オーストラリアに語学留学し、28歳(2002年)で現地法人設立。アロマオイルの通販事業で独立。30歳(2004年)に日本法人設立。36歳(2011年)に香港法人設立。資産運用コンサルティング事業を開始。40歳(2014年)にフィリピン法人設立。不動産仲介、飲食事業、美容事業を開始。グループの資本金は500万USドル、今期第2四半期(6月17日時点)までの売上高は、日本円で20億円超で推移している。

「3ヶ月後のマンションは今の値段では買えない」と言われるほど、フィリピンの不動産価格は上昇し続けています。しかし、価格自体はまだ、日本人から見ると格安です。

国際ビジネス街になりつつあるマニラにおいても、今ならまだ中心地から1キロ圏内、日本でいう丸の内、銀座のような場所に、1000万円以下、頭金100万円以下、月々の支払い3万円台で、新築タワーマンションを購入することが出来るのです。

しかも、主に3大ビジネスエリアと呼ばれる、マカティ、ボニファシオ、オルティガスにあるこれらの物件には24時間体制でガードマンが警備しており、プールやジムといった施設は標準完備となっています。

マカティから半径1キロ圏内、日本で言うと丸の内や銀座のような場所にこんなマンションを買うことが出来ます!

現在、フィリピンの総人口は約1億人、世界第12位の国です。

国民の平均年齢を見てみると、日本が45歳であるのに対し、フィリピンの平均年齢は23歳と非常に若くなっています。マニラはフィリピン一の大学集積地となり、街全体にみなぎる若者の力を感じることができます。

これは、1950年代の高度経済成長前の日本によく似た状況でもあります。高齢者より若年層が圧倒的に多いピラミッド型は、高度経済成長を実現しやすい形なのです。

フィリピンの経済は近年、年率6~7%の成長を続けており、さらに、一人当たりのGDP(国内総生産)は3000ドル突破目前です。3000ドルを超えるという事は、人々が生活に最低限度必要な衣食住が足りるようになり、その後は、自動車などの消費市場が急速に拡大するといわれています。

過去の事例からも、1人当たりのGDP が3000 ドルを超えると消費が爆発的に拡大し、一気に1 万ドルへと駆け上がるまで高成長が続く傾向が見られます。今後内需が拡大すれば、不動産価格も急速な上昇が見込まれます。

フィッチ・レーディングス、S &P、ムーディーズ・インベスターズ・サービスの三大格付け機関も、近年の政治・経済の安定から、「フィリピンは投資に足る国である」と格付けを変更しました。

世界中でフィリピンへの期待が高まっている今がまさに、フィリピンに投資する絶好のタイミングだといえます。

2015年のフィリピンの人口ピラミッドと、1950年の日本の人口ピラミッド

フィリピン政府が積極的に誘致してきたこともあり、マニラには今、世界中から企業が進出してきています。

アジア圏だけでなく、英語圏から進出している企業が多いため、非常に大きな駐在のマーケットがあります。そのため今、中心地での賃貸価格は高騰しており、家賃は東京並みに高いという状態です。
そのためフィリピンの不動産は、売っても貸しても大きな魅力がある投資となっているのです。

たとえば、東京で20万円前後の家賃を設定するには、少なくても6,000万円程度のマンションを購入する必要があります。当社が扱ったボニファシオ地区のあるマンションは1,640万で購入後、現在21.7万円で賃貸に出されています。

このように、フィリピンの不動産は今、売っても貸しても大きな魅力がある投資となっているのです。

いかがでしょうか?

現在、フィリピンの不動産投資にはこれだけの成功要素が揃っています。
「安く買って、高く売る」「安く買って、高く貸す」という不動産投資の基本を、今、確実に実行できるのがフィリピンなのです。

とは言え、少しフィリピンの不動産について調べた人なら、以下のような失敗談を目にしたことがあるかもしれません。

実際、フィリピンでの不動産投資は、安く買うことはそれほど難しいことではありません。

多くの人が、フィリピン不動産で失敗してしまう原因、それは、「売却」がうまく出来ないからです。

フィリピンで物件を高く売却するためには、いくつかの条件が必要不可欠です。それを知らないと、資産を減らす・失うという最悪の事態を招いてしまうのです。

不動産を高値で売る最大の鍵は、「フィリピン現地でどれだけ幅広く売り先を持っているか」ということです。

外国人投資家向けに販売するだけでは、どうしてもマーケットが小さくなりがちです。私たちは、現地フィリピン人のニーズも把握し、フィリピン人向けにも物件を販売しています。だから、大きなマーケットの中から、一番良い条件で物件を売れる相手を見つけることが出来るのです。

現地では30名以上の現地スタッフが、物件の売却を強力にサポートしています。大手財閥系ディベロッパー出身のスタッフも多く、専門知識を活かし、日本に限らず、アジア・オセアニア・欧米・中東等、世界中のお客様のサポートをしています。

セブンシーズの優秀な現地スタッフたち
セブンシーズの優秀な現地スタッフたち

日本と違い、フィリピンでは過去物件の取引状況データを入手することは、容易ではありません。そのため、物件価格の相場を知らない日本人が、せっかく安く手に入れた物件を、業者に買い叩かれて、大きな損をすることが多々あります。

その点私たちは、過去10年間にフィリピンで行われた数万件の不動産取引のデータを収集し、独自に分析。データベースの未整備なフィリピン不動産市場を徹底解明しているのです。

現地の情報を集めるのは、相当な労力・時間がかかります。日本から収集するのは不可能と言えるでしょう。現地に専門スタッフを多く抱えているからこそ、入手出来るデータなのです。

私たちは、物件選びから、売却、管理まで、全てを強力にサポートします。
契約に関わる書類は、全て英語ですが、日本語と英語が話せるスタッフが、あなたが契約内容を理解できるようサポートしますので、言語に不安がある方も、安心してご希望の物件をご購入して頂けます。

フィリピン現地で最大級の不動産会社ネットワーク「CREBA」の正式会員です。

フィリピン現地で最大級の不動産会社ネットワーク「CREBA」の正式会員です。

土地利用と住宅建設を管轄するHLURBからの承認を得て活動をしています。
社内にライセンスブローカーを置かないと、この承認は受けられません。
※日本で言う宅建免許のようなものです。

土地利用と住宅建設を管轄するHLURBからの承認を得て活動をしています。
社内にライセンスブローカーを置かないと、この承認は受けられません。
※日本で言う宅建免許のようなものです。

どんなに国が成長していると言っても、「フィリピン」のイメージが良く ないので、数百万を投資するイメージが出来ません。
一度フィリピンに来て頂ければ、イメージとのギャップに驚かれると思います
フィリピンの中の代表的なビジネスエリアである「マカティ」「ボニファシオ」「オルティガス」といったエリアは、東京と変わらない街並みが広がり、日夜ビジネスパーソンで賑わっています。
また、そんな一等地の中でも、さらにその中心地(日本で言うと、丸ビルや六本木ヒルズのような場所)の高級マンションが1000万円以下(頭金100万円台)で購入できるのがフィリピン不動産の魅力です。
税金のことなど、不透明な部分も多いから、なかなか行動に移せません。
物件購入の際には、ローンの有無を含め、支払い方法についても相談に乗らせて頂きます。
収入・残債・物件内容・価格帯・支払い方法等を考慮し、お客様がどれほどのローンを組めるか把握した上で最適な支払い方法をご提案しております。
万が一、数年後のローンが難しいと判断される場合は、ローンを使用しない分割払い等、なるべく購入しやすい支払い方法を別途ご提案させて頂きます。「現時点の収入」「銀行のローン審査が開始する3?4年後(物件完成の約1年前)」「残債」等を考慮し、なるべく余裕を持った資金計画となるように設計致します。
私たちは、最初の「購入」から、今後の「転売」「賃貸の客付け」まで、トータルであなたをサポートしますので、販売だけをして終わりとは全く思っておりません。あなたが安心して踏み出せるお手伝いをさせて頂きます。
法律や手続きの点が不安です・・・
二重の法的チェックで万全の体制をとっています。
確かにフィリピンは法律トラブルが多い国です。
そこで私たちは、フィリピンでも大手の日系企業を担当する弁護士事務所と契約しています。
また、その仕事を補完、管理する目的でもう1つの日本の法律事務所とも契約し、2重の法律保護体制を敷いています。
各種契約についても、フィリピン、日本の法律事務所によるリーガルチェックを行い、万全の体制でトラブルに対応しております。
本当に価格は上がるのですか?
その確率は非常に高いと言えます。
投資ですので、全物件の価格が上がると言い切ることはできません。しかし、その確率は他の国に比べて圧倒的に高いと言えます。売却を見据え、立地や開発業者を選定して購入すれば、フィリピン不動産はとても安心して購入出来る投資商品です。
他にもっと良い国があるのでは?
今がフィリピンへの絶好の投資タイミングであり、これ以上条件の良い国はありません。

マレーシアやタイと比較されるお客様が多いのですが、その2カ国は既に一人あたりGDPがフィリピンよりかなり先行しています。(2014年時点で、フィリピンが約2800ドル、タイが約5500ドル、マレーシアは約10000ドル)よって、物件の購入価格も、すでに上がってしまっています。

今、フィリピンは(1)内需の規模と購買力 (2)経済成長率 (3)不動産再販市場の規模と成長性 (4)外国人投資規制の内容 (5)都市中心部が購入可能か否か (6)GDP3000ドル突破 (7)投資的各級への格上げなど、様々な基準から「早すぎず、遅すぎず」絶好の 投資タイミングであると分析しております。

台風などの自然災害は大丈夫ですか?
投資家に対する保護規定があります。
フィリピンに台風などの自然災害が多いのは事実ですが、開発業者も対策をとっています。私たちがご紹介している物件は、フィリピン証券取引所に上場している上位開発業者の物件が中心であり、自然災害に対しては各社で返金などの投資家の保護規定を定めています。
各社の保護規定については、既存の危機管理計画とそのテストを繰り返しています。災害対策は都度見直され、対策プログラムが強化され続けているのが特徴です。
近年、セブ島を大きな台風が直撃した時も建設中のコンドミニアムは無傷でした。ただし、そういった災害が要因で1~2ヶ月工事が遅れてしまうことがありますので、その点の補償などの有無は購入前に認識しておいたほうが良いかもしれません。
円安の今、買わないほうがよいのでは?
今後さらに円安が進むことがエコノミスト・大手金融機関の間でも予測されています。
近年、アベノミクスの大胆な金融緩和が要因で、円安が進んできました。この金融緩和は、東京オリンピックの開催される2020年まで、早くても消費増税が予定されている2017年までは続くことが予測されています。このように、今後さらに円安が進むことがエコノミスト・大手金融機関の間でも予測されていますので、今がフィリピンの不動産を購入するのであれば最適なタイミングと言えます。
貯金をそんなに使いたくないのですが。
自分の「資金」をどう「資産」に変えていくのか、考えなければならない時代だと思います。
日本の主要銀行の平均金利は0.025%です。1970-80年代のゆうちょ銀行の金利が8%?12%だったことを考えると、今は銀行に貯金していてもほとんど意味がない時代になってしまいました。銀行に貯金していてもあまり意味がなく、将来の日本円の価値がどうなるか分からない時代だからこそ、自分の「資金」をどう「資産」に変えていくのか、しっかり考えて運用していくことが大切になってきています。
今後3?4年後、ローンを組めるだけの収入があるか不安
お客様に合わせ、なるべく余裕を持った資金計画を設計致します。
万が一、数年後のローンが難しいと判断される場合は、ローンを使用しない分割払い等、なるべく購入しやすい支払い方法を別途ご提案させて頂きます。「現時点の収入」「銀行のローン審査が開始する3?4年後(物件完成の約1年前)」「残債」等を考慮し、なるべく余裕を持った資金計画となるように設計致します。
物件価格が上昇しても、本当に転売出来るのか、賃貸の客付けが進むのか、などが不安です。
「購入」「売却」から、「賃貸で客付けする」ところまで
しっかりとお手伝い出来る体制を整えているのは私たちだけです。
出口(いつどうやって売るのか)は、投資において入り口(何を買うのか)同様、またはそれ以上に重要なポイントです。また、フィリピン不動産においては、不動産の安さだけにとらわれてしまい、出口を考えずに売却時に困るといったトラブルがあることも事実です。
私たちは、フィリピン現地にオフィスを構え、現地でデベロッパーと日々直接会話をし、主要エリアにおける地価変動などをまとめてデータベース化しています。それだけでなく、フィリピン人主体のセールスチームを社内に持ち、フィリピン人向けの不動産販売を行っています。日本と違いとても複雑な市場において現地のパートナー、セールスネットワークも構築しています。
現地で仕入れる確実な情報を元に「購入」をご提案し、現地でのセールス網を使って「売却」で利益を確定する、「賃貸で客付けする」ところまでしっかりとお手伝い出来る体制を整えているのは弊社だけであると自負しています。
フィリピンはすでに住宅の供給過多だと聞いたのですが、本当に大丈夫ですか?
供給過多とは言えません。ただし・・・
まだまだ供給過多とは言えません。マニラ首都圏における2015年のマンション供給戸数は5.5万個と予測されています。日本の首都圏におけるマンション供給戸数は2014年時で4.5万戸です。人口も2200万人から3000万人(世界3位の大都市)にまで成長することが予測されるマニラですので、まだ供給過多とはいえないことが分かります。
ただし、これまでのように外国人投資家向けの売却を狙った不動産購入はあまりお勧めできません。売却先が限られてしまうからです。今後どんどん拡大する現地のニーズに適した物件を購入することで、より有利に売却を進めることが可能となります。
同業他社の方が会社規模として安定していそうなので、そちらで買おうと思います。
会社規模が大きくても、現地にオフィスを構えていない会社もたくさんあります。
規模に限らず、「現地に根ざした運営実体があるかどうか」を確認することが最も重要です。日本での規模が大きくても、現地での実務は全て、外部パートナーに任せっきりという会社もたくさんあります。日本人・フィリピン人が現地に常駐し、開発会社と日々コミュニケーションを取り、お客様に対してきめ細やかにサポートしてはじめて、「物件の購入から売却までのトータルサポート」が可能となります。 現地に根ざして実務を遂行し続けることは非常にハードルが高く、「現地にオフィス・法人を構えていない会社」「現地はほんの数名のみで運営している会社」が多いのが実情です。実際に他社経由でお問い合わせ頂き、最終的には私たちからご購入頂くケースも多くあります。
物件はどこの仲介業者で買っても同じ値段ですか?違うのは手数料だけですか?
物件の値段は変わりません。違うのは手数料だけです。ただし・・・
手数料が違う分、購入後のフォロー体制に大きな差があります。上でも述べましたとおり、フィリピンでの不動産投資に関しては、売却という出口の戦略が非常に重要です。業者を選ぶ際には、購入時の手数料額だけでなく、購入後のフォロー体制やサービスの全てを比較する必要があると思います。
実際に物件を視察できますか?視察しても買わないかもしれませんが、それでも大丈夫ですか?
しつこい売り込みはありませんので、興味がおありの場合にはお気軽にご相談ください。
大きな金額の動く取引となりますので、投資目的であったとしても一度はご自身の目で現地を確認いただくことを強くお勧めいたします。私たちは、随時お客様の希望に合わせて視察ツアーを開催しておりますので、是非ご参加いただき、フィリピンの今をご自身の目で確認してください。
また、この視察に参加したからといって購入をお約束していただいたことにはなりません。しつこく売り込むようなこともいたしませんので、興味がおありの場合にはお気軽にご相談ください。

フィリピンの主要エリアでは今年も5%程度の賃料上昇が見込まれており、物価も上昇を続けています。円安も更に進むと想定されています。

ここまで読んでいただいたあなたなら、まさに今がフィリピンに投資する絶好のタイミングであること、そして、今、この機会を逃したら、世界を見てもめったに巡ってくるチャンスではないと言うことを実感していただけたことと思います。

成長が約束されたフィリピンの不動産に投資をすることは、これまで申し上げたとおり非常に確実性の高い投資だといえます。初心者の方にでもおススメできる投資です。

未来が見えない日本に住みながらも、フィリピンという成長しつつある国に大きな資産を持つと言うことが、あなたの人生におけるリスクを減らし、心と生活にゆとりをもたらす事は間違いありません。

しかし、もちろん投資である以上、リスクは完璧に排除できません。

ただ、リスクはマネージメントできます。
私たちはこの15年間、海外ならではの「だまされるほうが悪い」という風潮の中で、何度も痛みと危険を経験してきました。その中で高いリスクマネージメントで安全を担保し、かつ高利回りを実現しようと努力を続けるうちに、ご案内できる物件は限られていきました。
このように、私たちがシビアにリスク管理を行ってきた結果たどり着いたのが、現在の商品・サービスです。

今のフィリピンの状況を見ていると、本当にわくわくしてきます。何しろ国全体が、これから成長する要素に満ち溢れているのです。高度経済成長前の日本もこんな状況だったのではないでしょうか。

もしフィリピンの不動産情報に興味がありましたら、是非、私たちが現地で集めた最新の不動産情報をご覧になってください。いっそう、フィリピンの不動産を身近に感じていただけることと思います。

そしてあなたがもし、「成長前の日本のようなわくわくできる国に投資してみたい!」と思ったときには、私たちがお手伝いできましたら光栄です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
あなたのご登録をお待ちしています。

種 別 (必須)

貴社名(法人の方は必須)
部署名(法人の方は必須)
お名前 (必須)
勤務先名
郵便番号  
住 所(必須)
電話番号 (必須)
メールアドレス(必須)
希望物件種別




ご希望エリア






ご希望居室タイプ




ご予算
ご購入目的
ご質問

SEVSEVEN SEAS PROPERTIES CORP(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理

当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

個人情報の利用目的

お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。 ?お客さまの同意がある場合
?お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
?法令に基づき開示することが必要である場合

個人情報の安全対策

当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

ご本人の照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し

当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
上記、個人情報保護方針に同意の上、会員登録いたします。

※ご記入いただいた個人情報は、メールマガジン配信やセミナー情報などその他弊社からの教材のご案内のみに  使用させていただくものです。どんなことがあってもあなたの情報を第三者に渡しません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。